永代供養で故人は寂しい思いをしない|年中の管理が故人のためになる

葬儀場

葬儀の種類は複数ある

参列

火葬とは、遺体を供養する方法の一つであり、葬儀、告別式の終了後に専用の施設で行われる遺体を焼却して行う儀式の事である。許可証が必要であり、医師から死亡診断書を受け取った後に、死亡届と死亡診断書を市区町村の役所に提出して受け取る必要がある。現在の日本では、火葬が法律で義務付けられているが、有害物質の発生を抑えるために副葬品の制限が行われている場合が多い。自治体の許可があれば、土葬を行う事も可能だが、土地不足のため数は少ない。

日本へは、仏教の伝来の際に火葬が伝わり、西暦700年に道昭という僧の葬儀で行われたのが最初である。その後、西暦702年に持統天皇の葬儀で行なわれたことにより、貴族や武家の間にも広がっていったが、一般庶民は、土葬が中心だった。西暦1948年に墓地埋葬等に関する法律が施行されたことにより、衛生面での問題から土葬が禁止され、徐々に一般化していった。現在では、99パーセント以上の葬儀で火葬が行われている。海外の火葬仏教やヒンドゥー教などの宗教の国では、輪廻転生という思想の元に、肉体から魂を離れやすくするため、火葬を行う。キリスト教やイスラム教などの宗教の国では、最後の審判の後に死後の復活がなされると考えられているため、土葬が中心であったが、現在では、あらゆる宗派で受け入れられている。アメリカやイギリスでは、土地不足や葬儀費用の問題から火葬の件数が増加していっているが、海外の炉は骨だけを残す日本の炉とは違い、全身を焼却する。