永代供養で故人は寂しい思いをしない|年中の管理が故人のためになる

式場

葬儀の種類は複数ある

参列

火葬だけでなく近年は、土葬なども行なえるようになっている。許可を得られると日本でも土葬は可能。様々な宗派が揃っている海外には種類豊富な種類があり、どの種類にも意味がある。

管理をしてくれるから安心

お花

墓石とは、石で作られた墓の印である。宝塔や五輪塔、板碑なども含まれる。墓を作り出した初期は、ただ石をおいただけであったが、使用された主な素材には、花崗岩や大理石、石灰岩、砂岩などである。日本では、和型と呼ばれる2つ台石を重ねた上に棹石を載せる全体的に縦長の三段墓であることが多い。近年では、故人の想い入れを反映した個性的なデザインの墓石も珍しくなく、主流の御影石だけでなく、ステンレスや銅板などの金属を使用した場合もある。墓石の形状は、和型・洋型・デザイン型の3つに大別される。和型は、各柱塔を三段重ねた三段墓と呼ばれるタイプが主流であり、仏式と神式の2種類あるが形状は似ている。洋型は、台石に横長の石が乗るため、全体的に背が低く横に長いタイプであり、ストレート型とオルガン型が日本においての主流である。近年では、形状や固定観念に囚われない新しい形のデザイン墓もあり、和型と洋型を合わせたようなデザインからアートガラスや金属を取り入れたものまである。

平安時代に仏教の伝来と付随して石工の技術ももたらされ、支配階級の間で供養塔や宝塔などが出現したとされる。鎌倉時代から室町時代にかけては、禅宗の影響により、今の墓石の形状に近いものが作られるようになる。江戸時代から檀家制度が確立したことで庶民でも先祖の供養などが生活に根付いたことにより墓石を建立するようになる。明治以降から家単位でつくるようになり、第二次世界大戦後は、洋型が登場し、現在では、デザイン墓と呼ばれるタイプまで建立される。
墓石を見る人がいない場合永代供養を依頼すると良いだろう。最近は永代供養を行なってくれる寺が増えており、多くの人が利用している。大阪にもそのような寺がいくつかあるため、検討をしてみるのはどうだろうか。故人のためにも大阪で永代供養をしてもらおう。

家族葬のメリット

お焼香

大切な家族が天国へと旅立ってしまった場合、より丁寧な供養がしたいのであれば家族葬が最適です。埼玉の葬儀の業者は丁寧に対応してくれるので。葬儀を検討しているなら相談してみると良いでしょう。

故人にも遺族にも最適

お坊さん

遺品整理というものはなかなか手に付かない事が多いので、福岡の業者に依頼して代行してもらうと良いでしょう。県外からの依頼にもしっかり対応してくれるので便利です。利用してみると良いでしょう。